RACCOON TECH BLOG

株式会社ラクーンホールディングス
技術戦略部より、
tipsやノウハウなど
技術的な話題を発信いたします。

一緒にラクーンのサービスをつくりませんか?採用情報はこちら

JS不要!CSSで固定要素のアレを簡単に実装【position sticky】

ブログをご覧の皆さまこんにちは、デザイン戦略部のJKです。

さて、昨今IEのサポートが切れた関係で、IEをカバーをする必要が無くなってきています。
弊社でも一部以外、IEはサポート対象外としています。
IEを考えると新しめの技術を使えなかったのですが、縛りが解禁されてだいぶ経ちますね。

そんな背景を踏まえ、今回はcssのposition stickyについてご紹介しようと思います。

固定要素のあれこれをstickyで解決

皆さま、画面上で固定要素は使われていますか?
ヘッダ、ページトップボタン、CVボタンなど様々なシチュエーションで使われているかと思います。
固定要素だけなら難しくはないですが、そこに例えば特定の位置で固定解除 = 所定の位置に収まる、なんて仕様も考えられます。
サイドメニューがある画面設計の場合は、よく採用されていますよね。
これらを実装するには、jsなどを活用する必要がありました。
しかし、position stickyを使えばhtml,cssのみで解決できます!

実践

非常にシンプルです。
まずは固定する要素を配置します。

その要素に対して以下の指定を加えます。

position: sticky;
bottom: 0;

言ってしまえばこれだけです。

もともと配置していた位置まで、固定要素となります。
上記の場合、固定中は画面下部に固定となっていますが、上部に固定とすることも可能です。

このような形です。
指定は以下のようになります。

position: sticky;
top: 0;

この場合、要素がウィンドウ最上部に達したときに固定されます。
そのためbottomの例のように、そもそも要素がウィンドウ最上部に達しないような、例えばフッター付近のような時には使えないのでご注意ください。

スティッキーアイテム・コンテナ

対象要素に対してposition stickyを付与するとスティッキーアイテムとなります。
そしてその親要素は自動的にスティッキーコンテナとなります。

スティッキーアイテムはスティッキーコンテナ内でのみフロートします。
そのため、スティッキーコンテナを突き抜けてフロートしたり、あるいはスティッキーアイテムの子要素内で止める等はできません。

どこまでをフロート範囲とするか、を考えつつhtmlコーディングをするのが肝となりますね。
ちなみにですが、スティッキーコンテナ内にはスティッキーアイテム以外にも要素がいないと動かないので、ご注意ください。

総括

position stickyいかがでしょう?
これらの動きをJSで実装されていた方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。
私はhtml,cssだけで実装できると知ったときは感動を覚えました。
似たような技術はIE廃止に伴いいくつもありますので、今後もご紹介していければと思います。

一緒にラクーンのサービスを作りませんか? 採用情報を詳しく見る

関連記事

運営会社:株式会社ラクーンホールディングス(c)2000 RACCOON HOLDINGS, Inc