RACCOON TECH BLOG

株式会社ラクーンホールディングス
技術戦略部より、
tipsやノウハウなど
技術的な話題を発信いたします。

一緒にラクーンのサービスをつくりませんか?採用情報はこちら

第17回LT大会を開催しました

こんにちは、さいとーです!

先日、第17回LT大会を開催しましたので、その様子を報告させていただきます!

今期は最後の開催となります!今回も熱いLTバトル?が繰り広げられました!!

今回の発表テーマ

  1. 1人月で70万円/月の赤字を削減した話
  2. そのインデックス効いてないかも
  3. 9Pが狂おしいほどに遅いのでなんとかしたい
  4. あまり実用的じゃないAI知識
  5. 強制メンテオブザイヤー
  6. Java SE 11 Silverのオンライン試験を受けた話
  7. セキュリティ関連の修正
  8. テスト仕様書のあるある言いたい
  9. さよなら某ローコードツール
  10. async awaitを使おう
  11. フロントエンド コンポーネント設計のポイント
  12. ノーマルの向かう先

今回の優秀発表者は・・・

1位:「1人月で70万円/月の赤字を削減した話」
2位:「強制メンテオブザイヤー」
3位:「セキュリティ関連の修正」

1位:「1人月で70万円/月の赤字を削減した話」

問題となっていた海外輸出時の送料について、データを分析して要件定義を行い、年間で1000万円の赤字を削減したお話でした。

1人月とありますが、実際に開発にかかったのは0.5人日程度で、殆どの時間を分析と要件定義にかけたそうです。

発表者はラクーンでスペシャリストの資格(S資格)を取得しているシニアエンジニアの方でしたが、

「自社サービスでは工数と期待値は”比例しない”」「よく考えればうまくいく場合がある」など教訓と言える言葉が散りばめられた、非常にためになるLTでした。

納得の1位です!

LT20220217

2位:「強制メンテオブザイヤー」

ラクーンでは、「DBのデータを直接書き換えるメンテナンス」のことを「強制メンテ」と呼んでいます。

強制メンテは状況によってはやむを得ない運用ではあるものの、データを直接書き換えるので非常にリスキーな手段です。

このLTでは、そのリスキーな強制メンテを、2021年に一番多く対応した『マン オブ 強制メンテ(MOK) 』を発表する内容でした。

栄えある?MOKに輝いたのは・・・なんと私でした~!LTの賞金半分ください~!!(嘘)

強制メンテは前述の通り、非常にリスキーな手段のため数を減らしていきたいねという話が度々出ます。

ですので、私としてはとても身が引きしまる思いでした(減らす方を頑張らないと!)

3位:「セキュリティ関連の修正」

運営しているサービスのセキュリティに関する部分について見つめ直し、一般的な不正アクセス対策手法の紹介と、自社運営サービスではどうするか?などがまとめたLTでした。

開発をする上で設計や実装、工数など、考えることは沢山ありますが、セキュリティは最低限守らなければいけないものの1つです。

また、セキュリティに関することは、エンジニアサイドから事業部に対して啓蒙、提案をしていかなければいけない部分だと思います。

当たり前にできていないといけないからこそ、こういった内容の発表は価値があると感じました。

今一度、考えなおす良いキッカケになったLTだったと思います。

おわりに

今回は、プログラミング言語の1つの機能から、資格試験の受け方、設計手法、シンギュラリティ、身の振り方などなど、今年度で一番多種多様なテーマのLTがあり、非常に見応えがある回でした。

今年度はこれでおしまいですが、来年度以降も開催をするつもりです!

来年度も技術戦略部の仲間も増える予定なので、計4回の開催となりそうです!楽しみですね~!

 

さて、こんな雰囲気のLT大会も行っているラクーン技術戦略部ですが、新しい仲間を絶賛大募集しています!
私達と一緒に働きませんか?興味がある方はどしどしご応募ください!
採用情報はこちら

一緒にラクーンのサービスを作りませんか? 採用情報を詳しく見る

関連記事

運営会社:株式会社ラクーンホールディングス(c)2000 RACCOON HOLDINGS, Inc