こんにちは、開発チームの大原です。

プログラムの開発環境として、Linuxの仮想マシンをローカルPC内に構築することがあります。

仮想化ソフトウエアとしてVirtualBoxが、そのVirtualBoxを使いやすくするツールとしてVagrantがよく使用されています。

これから、WindowsにおけるVagrantの基本的な使い方を紹介します。

VirtualBoxをインストールする

Vagrantをインストールする

  • https://www.vagrantup.com/downloads.html にアクセスし、Windowsの「32-bit」か「64-bit」をクリックしてインストーラをダウンロードします
  • 使っているWindowsが何bitかは、Windows10なら「Windowsキー > 設定 > システム > バージョン情報」で確認できます。(Windowsキー+Pauseキーでもシステム画面が開きます)
  • インストーラを実行します

Boxを探す

Vagrantfileを作成する

  • まず作業用フォルダを作成します。どこでも良いので、例えばデスクトップに `ubuntu` フォルダを作るとします
  • ubuntuフォルダをコマンドプロンプトで開きます。ubuntuフォルダを開き、アドレスバーに cmd と入力し、エンターキーを押すと簡単です
  • vagrant init ubuntu/xenial64 をコマンドプロンプトに入力してエンターキーを押すと、フォルダにVagrantfileが作成されます
  • 仮想マシンに対してIPアドレスとポートを指定してアクセスできるように、Vagrantfileを編集しますVagrantfileをテキストエディタで開き、# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"のコメントアウトの#を削除します。IPアドレスは必要に応じて修正してください

仮想マシンを起動する

  • 先程のコマンドプロンプト(カレントディレクトリがVagrantfileを配置したフォルダ)で vagrant up を入力してエンターキーを押します
  • 再起動は vagrant reload 、シャットダウンは vagrant halt です

仮想マシンに接続する

  • 先程のコマンドプロンプト(カレントディレクトリがVagrantfileを配置したフォルダ)で、vagrant ssh コマンドを実行すると、仮想マシンに接続できます
  • 普段利用しているターミナルアプリを使いたい場合は、下記を指定して仮想マシンに接続します
    • 接続先: 192.168.33.10 (Vagrantfileのprivate_networkで指定したもの)
    • ユーザ名: ubuntu
    • SSHキー: Vagrantfileを配置したフォルダの .vagrant\machines\default\virtualbox\private_key
  • ログイン後に、rootユーザになりたい場合は sudo -i コマンドでなれます

Windowsと仮想マシンでファイルを共有する

  • Vagrantはデフォルトで下記のフォルダが共有されています
    • WindowsのVagrantfileを配置したフォルダ
    • 仮想マシンの /vagrant/ ディレクトリ
  • 確認として、仮想マシンで echo test > /vagrant/test.txt を実行すると、WindowsのVagrantfileを配置したフォルダにtest.txtファイルが作成されます

まとめ

Vagrantfileを配置したフォルダでvagrant upコマンドを実行するだけで仮想マシンが立ち上がるので、すぐにLinux環境が欲しいときに便利です。