Raccoon Tech Blog [株式会社ラクーン 技術戦略部ブログ]

株式会社ラクーン 技術戦略部より、tipsやノウハウなど技術的な話題を発信いたします。

開発

DockerでJenkins2を試してみる(2)

こんにちは。開発チームの大原です。

前回の記事では、

  • CIサーバにDockerをインストールする
  • CIサーバにDocker Composeをインストールする
  • Jenkins2のDockerコンテナを起動する

を行い、DockerでJenkins2を起動するところまで解説しました。

今回は、

  • Jenkinsの環境設定をする
  • Jenkinsfileを書く
  • Jenkinsのジョブを設定する
  • ジョブを実行する

という作業で、Jenkinsを設定しジョブを実行する流れについて解説していきます。

また、新しいUIであるBlue Oceanについても触れたいと思います。

続きを読む

DockerでJenkins2を試してみる(1)

こんにちは。開発チームの大原です。

開発していると、開発中のものを自分以外の人に触って確認してもらいたいときがあります。その場合に、ソースをビルドして確認用のサーバにデプロイするのを毎回手動でやるのは面倒なので自動化しようと思いました。今回、DockerとJenkins2を使って自動化をしてみたので、サンプルも交えて紹介していきたいと思います。

記事が長くなるので全2回に記事を分けていきます。各記事の目次は下記のとおりです。

  • DockerでJenkins2を試してみる(1) (今回の記事)

    • 前提
      • なぜDockerなのか
      • なぜJenkins2なのか
    • システムの概要
      • 環境
    • DockerでJenkins2を起動する
      • CIサーバにDockerをインストールする
      • CIサーバにDocker Composeをインストールする
      • Jenkins2のDockerコンテナを起動する
  • DockerでJenkins2を試してみる(2) (次回の記事)

    • Jenkinsを設定しジョブを実行する
      • Jenkinsの環境設定をする
      • Jenkinsfileを書く
      • Jenkinsのジョブを設定する
      • ジョブを実行する
    • Blue OceanのUIでジョブを実行する

ちなみに、弊社の開発に関する自動化のブログ記事がいくつかありますので、これらも是非読んでみてください。

続きを読む

WindowsのVagrantでUbuntu環境を構築する

こんにちは、開発チームの大原です。

プログラムの開発環境として、Linuxの仮想マシンをローカルPC内に構築することがあります。

仮想化ソフトウエアとしてVirtualBoxが、そのVirtualBoxを使いやすくするツールとしてVagrantがよく使用されています。

これから、WindowsにおけるVagrantの基本的な使い方を紹介します。

続きを読む

Chrome操作ライブラリ chromy と puppeteer を比較

ものすごく久しぶりにブログを書きます、開発チームのハッタです。

Chromeにheadlessモードが追加されてから、Chromeを操作できるライブラリが色々出てきています。
その中でも、ぱっと見で書きやすそうだった2つのライブラリを、
簡単なブラウザテストを例にとって比較してみようと思います。

chromy
https://github.com/OnetapInc/chromy
結構早い時期から公開されていて、Headless Chrome操作のパイオニアといった感じでしょうか。
実行すると、Chromeが起動します。
chromyとは別にChromeのインストールが必要です。


puppeteer
https://github.com/GoogleChrome/puppeteer
Chrome DevToolsの開発チームが作っているとのことで、後発ながら本家と言えるでしょう。
実行すると、chromiumが起動します。
npmでpuppeteerをインストールするとchromiumも同時にインストールされるので、こちらのほうが環境構築の手間がかかりません。


比較用のブラウザテストとして、
弊社コーポレートサイトのサイトマップページにあるURL全てに遷移し、スクリーンショットを撮る
という処理を行ってみます。
続きを読む

Ruby on Rails5.0へ移行

こんにちは。開発ユニットbcの堀口です。
URIHO開発を担当しています。

今回は弊社のグループ会社である株式会社トラスト&グロースのサービス「URIHO」で使用しているRuby on Railsについてです。
2017年4月27日にRuby on Rails 5.1が正式リリースされましたね。(Rails 5.1のリリースノートはこちら)
「URIHO」ではRails4.2系を使っていますが、このリリースを機にRails5.1に移行しよう!ということになりました。
それでは、さっそくRails5.1に移行するぞ!...といきたいところですが、まずはリリースノートを見てましょう。
既存のアプリケーションをアップグレードするのであれば、その前に質のよいテストカバレッジを用意するのはよい考えです。アプリケーションがRails 5.0までアップグレードされていない場合は先にそれを完了し、アプリケーションが正常に動作することを十分確認してからRails 5.0にアップデートしてください。アップグレードの注意点などについてはRuby on Railsアップグレードガイド を参照してください。
「Ruby on Rails 5.1リリースノート」 https://railsguides.jp/5_1_release_notes.html
どうやらRails5.1にアップデートする前にRails5.0へアップデートしておく必要があるようです。
というわけで本記事ではRails4.2系からRails5.0へのアップデート手順について紹介します!

続きを読む
記事検索