Raccoon Tech Blog [株式会社ラクーン 技術戦略部ブログ]

株式会社ラクーン 技術戦略部より、tipsやノウハウなど技術的な話題を発信いたします。

ラクーン

ゼロから始める新人エンジニア研修

こんにちは。たむらです。
今回は、ラクーンで行っている「新人エンジニア研修」について書きたいと思います。
2016年春に入社した新人も今まさに受講しているホットなトピックになっています。

◆新人研修を用意した背景

 ラクーン技術部では数年前迄はほぼ新卒採用がなく、中途採用メインで仲間を増やしていました。その為、ある程度の開発力や調査力が新人さん側にあることも多くて、教育はいきなりOJT。「分からないところは聴くか、自分で調べていってね~」という感じでいわゆる研修にあたるものは無きに等しい状態(注.1)でした。「経験者だし、調査能力はエンジニアの能力としても必要だからその鍛錬を含んでいるんだ」と言えばそれっぽく聞こえますが、受け入れ側としてはやはり怠慢な部分が大きかったのではないかと思います。当然ですけど、環境面やラクーン独自の仕様・ポリシー、概要など始めに教えておけばすむことや、聴いた方が効率が良いことは沢山ありますもんね。

 そして時代は流れて、2015年度より技術部でも新卒採用を定期的に行うようになりました。さすがに中途採用メインだった時の様にいきなりのOJTではなく、誰もが必要最低限の知識を身に付け、成長の階段を素直に登れる仕組みを用意する必要があると考えられるようになりました。また、中途採用市場でも時代的な変化があり研修の必要性が高まっていることも後押ししました。というのは、昔であればSIerで開発を経験していればLAMPに代表されるような、何かしらのプログラム言語+RDBMS+Linux+HTMLを経験していることが多かったのですが、トレンドの技術も非常に多様になり、RDBMSは触ったことないけどNoSQLは知ってるなどという人材もでてきて中途採用でも一定の研修ニーズが生まれていたからです。

注.1 会社的な社会人研修やサービスについての研修は勿論あります。技術的なスキルを身に付ける体系だった研修がないという意味です。


◆研修のゴール

 上記の様な背景を踏まえて、研修のゴールを以下の様に定義しました。

最低限のプログラミング能力の修得ができる

 研修の主目的その1。弊社で実際に利用している言語やフレームワークを中心に研修します。研修にも時間的な制約がある中、知識の深さと広さのどちらをとっていくかも悩ましいところですが、より深い知識や理解をする部分は個人の努力で補える部分が大きいと思うので、どちらかといったら「広さ」をとる方向でいくこともポリシーにしています。

最低限のシステム開発の仕組みを理解できる

 研修の主目的その2。こちらも上記と同様弊社で実際に利用しているものをベースに研修します。開発フローや利用している開発ツールなどの他、テスト環境やCI環境など、実用的な知識を得る部分です。

エンジニアとしての問題解決の思考を習得できる

 どの職種でもそうだとは思いますが、業務では様々な問題に直面することになります。その際に自分で解決していける様に問題解決の方法を知っておくことも重要なことです。Webでの調べ方や問題の切り分け方などの他、ログの解析やデバッグの仕方などを研修を通して学んでもらいます。この問題解決能力は得てして経験やセンスで身につける部分だと考えられがちかもしれませんが、実際には学んで得る部分が殆どなんじゃないかと思っています。

成長を実感でき、自信を持てる

 やはり研修をやり終わった時には、自信をもって業務に臨める様な「やる気」が形成できていて欲しいと思います。当然スキル的な意味もありますが、周りのメンバーとのコミュニケーション関係が構築できることだったり、組織として受け入れる姿勢があることも重要なポイントなのではないかと思っています。

◆実際の研修の概要

 では、実際に研修はどの様にやっているかというと、一言で言ってしまえば「個別指導+スタンプラリー形式の研修」を行っています。

具体的には・・・

  • 1新人1ユニットチーム過去記事参照)で、ユニットチームがメンターになる
  • 学んでもらうべき項目は習得項目としてリストで管理
  • 習得項目がまんべんなく学べる研修課題を用意
  • 研修課題の区切りや終了時にはレビュー会を開き、フィードバックを実施
  • 習得項目を十分マスターできていたらメンターは終了印を押す
  • 苦手な部分や詰まっている部分があればフォローアップを行う
  • 全ての習得項目の終了印を集めたら研修修了

という様なものにしています。研修の進捗は個人に合わせたものになるので、できる部分はさっさと、余り知らない部分はじっくり取り組むことができます。また、新人さんの研修の進捗状況や質問内容、体調含めた様子などすべて記録を残し、研修後のフォローや研修自体のブラッシュアップができる様にしています。

習得項目リスト
0621_sheet
スタンプラリーシートとして本人にも渡していて、何を学んでもらいたいかの他、今の研修の状況や自分の成長が把握できるようにしています。タイトルは・・・まぁ遊び心で(笑)。


研修課題の準備
0621_make
シニアエンジニアが真・善・美に適った
(?)課題とその模範開発例を作ります。実業務ではなく研修課題をしっかり用意することで習得項目に沿った体系的な研修を実施することができます。また、業務の掛け持ちで実施するメンター側の負担を減らすことにも繋がります。


研修風景
0621_kensyu2
メンターのとなりで研修します。説明+KPT用のホワイトボードも近くに置いてます。

メンターとソースを確認しつつ振返り中
0621_kpi
朝会、夕会を日次で開き、メンターと本日やることの確認やKPTによる振返りを行っています。
KPTは最終的に自身の成長を視覚的にみせ、自信に繋がることを狙っています。


◆研修をやってみて

 実はこの研修ですが、昨年位から試行錯誤しつつ準備を始めて今年初めて運用しているできたてホヤホヤのものです。冒頭に書いた通り、6月現在で春入社の新卒エンジニアがまさに今受講しています。まだブラッシュアップどころか終わってもないのを偉そうに書いてしまいすみません
 ただ、感触としては研修の仕組みも教育としても概ね順調にいっているようです。勿論、改善点も今後色々出てくると思うので、適宜見直しつつより良いものにしていきたいと思っています。

 なお、今回弊社で用意した研修ですが、研修の骨子は2014/02/13 Developers Summit2014で登壇された関口亮一さんの講演「新卒エンジニア研修でできることすべきこと」をめちゃくちゃ参考にさせて頂いております。非常に洗練された研修と講演だったので是非そちらもご参照下さい。

 以上、ラクーンの新卒エンジニア研修についての紹介でした。

第4回技術部LT大会 開催

こんにちは、たむらです。

先日第4回技術部LT大会を開催しました。もう定着している感のあるLT大会ですが、
今回もみんなしっかり準備をしていて、内容も非常にバラエティに富んだものになっていました。

~発表されたLTタイトル~
「軽い気持ちでリモデ」
「SSL証明書やドメインなどの期限管理」
「パソコン少年の成れの果ての懐古(または、劣化移植への限りなき愛情)」
「キャッシュフロー計算書を作ってみた」
「URIHOの社内ツールのモック作成でLESS使ってみた感想」
「コレックウォッチ ~ログ監視のはなし~」
「YeomanでAngularの開発環境を構築して何か作ってみた」
「今年やりたいこと」
「個人事業主や中小企業の主に小の方に売掛保証を広めたいと思った結果」
「キーワードで振り返る2015年IoTトピックス」
「PayPal APIのネガティブテストを作ってみた」
「新監視体制について」
「Seasar2から卒業しよう」

LT大会の様子
注) 窓に貼ってある習字は会社の年始イベントの書初めです。こちらも毎年恒例となりつつあります(笑)。。
DSC_0943
DSC_0951
DSC_0953


みんなで選ぶ優秀発表者は、
1位:「今年やりたいこと」
2位:「キーワードで振り返る2015年IoTトピックス」
3位:「Seasar2から卒業しよう」
となりました。

1位の内容は、年始ということもあり自分の今年の抱負を語るというものでした。仕事に繋がることもプライベートなことも盛り沢山の話で、みんなの支持を集めていました。2位は、Raspbery Pi2からmyThings、SORACOMなどの2015年のIoTを自身の感想を含めて振り返るというもの。本当に多くのサービスと商品が増えてきたIoTですが2016年も更に賑やかになりそうですね。3位は弊社でも利用していて今年の秋にサポートが終了するSeasar2についての見解を述べたものでした。業務上の課題をみんなに共有できていて有意義な内容となっていました。

次回はまた夏から秋ぐらいに行なう予定です。

第3回技術部LT大会 開催

こんにちは、たむらです。

先日第3回技術部LT大会を開催しました。
昨年から部内研修として開催しているLT大会ですが、今回も個性溢れるテーマが取り上げられました。普段あまり接点のない部内メンバーの業務内容も伺えるものになっていて、メンバー間の相互理解にも一役買いそうな内容になっています。今回のLT大会では今年の新人が早速発表したり、来年度の内定者を招いたりと賑やかなイベントとなりました。

~発表されたLTタイトル~
「はじめてのSOAPへGo」
「NetBeansのプロファイラを使ってみた」
「PowerShellを使ってみた」
「ピュアSQLで数独を解いてみた」
「fumiのマスコットを作ってみた」
「「クエストフェーズ解決ミニアプリ」ではなぜRIot.jsを採用したか?」
「オラクルマスター12Cのブロンズを受験する為の基礎の参考書を読んでみた」
「あのAmazonも使っているApache FOPで請求書を作る」
「SDのSVNをGit&GitHubに移行したい件」
「ぼくと
の100日戦争」
「backlog APIとWebhookを使った家庭内タスク管理」
「ラクーンに入社して」
「俺のオンラインストレージ ~ ownCloud on AWS ~」

LT大会の様子
DSC_0796
DSC_0806
DSC_0814
DSC_0803

今回の結果は、
1位:「ぼくと○○○の100日戦争」
2位:「ピュアSQLで数独を解いてみた」
3位:「NetBeansのプロファイラを使ってみた」
となりました。

1位のネタは、スピーカーのエンジニアが、とあるスマホゲーム攻略アプリを作った際に実際に起きたエピソードで、会社オフィシャルの当Blogにはちょっと詳細を書けない様な内容でした(笑)。ただ、誰もが知っているスマホゲームで内容も技術的な知見を含むリアリティのあるトークだったことから、ダントツの1位となりました。
2位は「数独問題をバインド変数でインプットデータとして与えると、答えを返してくれるSQL」を作成するという、ちょっと宇宙人的な発想と超人的なSQLスキルを持ったスピーカーならではと言える内容でした。

次の開催は来年の1月頃を考えていますが、段々レベルが上がってきているので次回も楽しみです。

ここ数年で技術部で定着した制度2つ

こんにちは、たむらです。
今回は私が部門長になった頃に施行されて、今ではだいぶ定着した技術部の制度を2つご紹介しようと思います。

1.技術サポート制度

開発環境の増強及びスキルアップの資金として会社が補助金を支給する制度です。1名につき年度毎に10万円迄が利用できます。開発環境の最適化を支援したり、最新デバイスや技術トレンドをいち早くキャッチアップできることを目的として用意されました。

技術に関連するものであればメンバーが自由に利用目的を選択することができて、多くのメンバーが毎年利用しています。

使われ方としては、大体みんな最初にノートPCを買っています。開発メンバーのメインPCはデュアルモニター+(スペックを考えて)デスクトップという構成なので、ミーティングで利用できるノートPCのニーズが高いためです。その後は開発環境のディスク増設やキーボード、技術書の購入などに利用されていることが多いようです。また、資格試験の受験費用やセミナーの参加費用などにも使われています。

matome3















購入したものの一部。ノートPCやキーボードではかなりメンバーの好みや個性がでます。

予想外の効果も

エンジニアの好奇心を満たす為の福利厚生として生まれたこの制度ですが、思わぬところで予想外の効果もありました。

それはハンズオン系の勉強会が増えたことです。今迄デスクトップPCしか無かったので会議室などで集まって行う勉強会では講義形式が主流でした。それがノートPC保有者が増えたことにより、ハンズオン形式の勉強会が行い易くなり頻繁に開催されるようになっています。勉強会の一例は社内勉強会をご参照下さい。



2.ユニットチーム制度

技術部の開発チームは現在17名の大所帯となっていますが、実際にはユニットというチームで開発業務にあたっています。

ユニットチームの概要
  • 2名~4名の小チーム制
  • プロジェクトや開発業務はこのユニットの単位で行う
  • ユニットセンターという代表者が1ユニットに1名存在。報連相の仲介役
  • ユニットは緩やかに担当するサービスが決まっている
  • ユニットの再編やユニット間の人の移動は年に1回程度人事異動的に行う
  • ユニットには名前を付ける(←大事!名前があると思い入れが違います

このユニットチーム制になったことで、以下の様な効果がありました。

スモールチームによるチーム力の向上!

言うまでもなく、チームは大きくなれば大きくなる程コミュニケーションコストが加速度的に増加する傾向にあります。小さなチームであればそのコストを小さくすることができます。また少人数のチームメンバーで継続して業務にあたることでそれぞれのスキルや性格の理解も深まり、「jsなら彼に任せるのが良い」など、経験に則した信頼関係が築けてチームとして相乗効果が生まれます。スクラムでいうベロシティが測りやすいメリットもあります。

多角化したサービスに柔軟に対応できる

ラクーンでは「スーパーデリバリー」、「Paid」、「T&G売掛保証」、「COREC」と4つのサービスを展開しています。それぞれのシステムには当然開発言語や環境、仕様といったシステム面でのナレッジの他、各サービスについての業界知識も必要となり、とても一人で全てを把握することはできないボリューム感となっています。そこで、各ユニットにはそれぞれメイン担当となるサービスが"緩やかに"割り当てられています。この"緩やかに"というのがミソで、基本はメイン担当となっているサービスの開発をするのですが、大規模なプロジェクトが企画され複数のユニットで担当する時や他のサービスでヘルプが必要な際には別のサービスの開発にも参画できるような運用としています。これによりメンバーが技術的にも業務的にも深く掘り下げて軸になる部分を作るニーズと、会社的にダイナミックな開発計画をとれる柔軟性のニーズの両方を満たせられるようにしています。

業務仕様を現場で判断しスピードUP+やる気UP

ラクーンにもリーダや部長といった役職はあるのですが、一般的な会社の役職者は人事的なマネジメントだけでなく、業務仕様的なイニシアチブもとることが多いと思います。ですが、マネジメント業務もかけ持ちしている状態の役職者が業務仕様まで見ようとするとボトルネックになる上、現場との認識の乖離が起きやすくなる傾向にありました。そこでユニットチーム制を開始するに際して、役職者はあくまで人事マネジメントに注力し、業務仕様面での権限は担当するユニットチームにできるだけ移管し現場チームで仕様決定できるようにしました。ユニットは細かな仕様の決断は勿論、開発案件リストの中で何を実施するかという点も含めて判断を任されています。結果的に開発パフォーマンスが上がり、且つメンバーがやりがいを持てる体制になっていると思います。

教育や研修が実施しやすい

ユニットチームは教育や研修でも効果を発揮しています。少人数のチームなので教育する側とされる側が密にやりとりができる為、目が届いた研修が行えます。また、「個」に合わせた対応が取りやすいことや、教育のサイクルを多くのメンバーが担当することで教える側のスキル向上にも繋がりやすいこともメリットだと言えます。

スケールの調整がしやすい

サービスの誕生やメンバーの増減に対してスケールしやすい構成です。2014年にサービスを開始したCORECも新規事業として一気に立ち上げがありましたが、各チームから人を集めて担当チームを作る形で対応でき、フレキシブルにチームの構成を変化させやすい人数になっています。そんな意味で、例え部門の人数が2倍になってもボトルネックを産みにくく生産性を落としにくい仕組みになっているかと思います。



ラクーンでは、エンジニアが楽しくやりがいを持てて、仲間と共に成長できる環境こそがより良いサービスを生むと本気で考えています。今回はそんな考えの中から生まれてきた2つの制度を紹介させていただきました。

こんな技術部やラクーンに興味を持ち、是非働いてみたい!という方、私達は一緒に働く仲間を随時募集しています。ご応募お待ちしております。

第2回技術部LT大会

こんにちは、たむらです。

先日第2回技術部LT大会を開催しました。
今回も個性的な発表が多く、実際に業務に使えるものからメンバーの趣味趣向が伺えるものまで幅広いテーマが取り上げられていました。


~発表されたLTタイトル~
「Spring Batch」
「WSHによるPC管理」
「Selenium。基礎の基礎から。」
「5分じゃ分からない内部統制」
「Windows Phone 8のハナシ」
「Raspberry Piで遊んでみた」
「社会学におけるネットワーク」
「Heroku使ってWEBアプリ1つ作ってみました」
「業務効率とUI」
「パズルを解くアルゴリズム」
「GIT DIFFのマニュアル読んでみた」
「ある2日間ハック」
「目の前の仕事を目的にしないための取り組み」


LT大会の様子

25 - 425 - 1325 - 1525 - 5

























































投票結果は以下の通り。
1位:「ある2日間ハック」
2位:「5分じゃ分からない内部統制」
3位:「Raspberry Piで遊んでみた」

1位になった「ある2日間ハック」は、請求書にカスタマーバーコードやEANバーコードを付けたいという要求にgo langを使ってさらっと対応できたというもの。発表者は社内のプレゼン研修等でもいつも上位にいるメンバーで、内容もプレゼンも素晴らしいものでした。

余り仕事で接点のないメンバーの興味や考え方を知る意味でも面白いイベントなので来年以降も続けていこうと思っています。
記事検索